大会ギャラリー

  • HOME »
  • 大会ギャラリー

完走おめでとう動画

写真

出走記

1dayフルマラソン

お抹茶(大阪府・20代)
10月2日に走りました。8時から走り始め、朝は暑さがそこまで気になりませんでしたが、日陰もほとんどない神崎川の河川敷コースで、後半は気温の上昇にやられ、フラフラになりながら何とかサブ4で完走しました。
秋以降のマラソン大会が、徐々に復活の兆しを見せているので、そこに向けてもまた鍛えなおすいい機会になりました!
batty(茨城県・40代)
目標としていた東京マラソンの延期。途方に暮れていましたが、ちょうどいいタイミングでこのマラソン大会があることを知り、エントリーしました。
 いつものように、家族が寝静まっている3時30分からスタート!この日は、普段から練習で使っている、1周3kmのコースを延々と走るプランです。毎週日曜日に30km走をしていたので、この日はラスト10kmがポイントと考えていました。
 前半ハーフまでゆとりを持って走れたので、後半からペースアップ。30kmまではプラン通りで、補給食のゼリーでやる気注入!ポイントの最後は気持ちの問題。絶対に自分に負けない、と強い気持ちで42.195kmを走り切りました。
 タイムはベストタイムには程遠いものの、理想的なネガティブスプリットで走れたので満足です!
 去年からたくさんのオンラインマラソンに出場して、一人だけのレースにもだいぶ慣れました。キツい中での応援なしの状況は、精神力もついたと自負しています。
 オンラインマラソンの経験をリアルのマラソン大会に生かせる日が早くきてほしいです!

 実はこの日、これで終わりではありませんでした。マラソンの大迫傑さんと一緒に走ることができるゲリライベントがあることを知り、電車で1時間30分かけて参加してきました!
 余裕な表情で1km3分台で走る大迫さん。私も当然疲れはあるものの、そんなことは忘れて2kmほど一緒に走りました。オーラが半端ない!
 あっという間のイベントで、終了後も高揚感が抑えられず、その後一人で10kmのランニングしちゃいました。走り終わって時計を見ると、まだ11時。
 なんとも思い出深い、有意義な休日半日を終えたのでした。

クロクロ(徳島県・50代)
12月に申し込んでいたフルの大会が中止になったので参戦しました。10月になってもまだまだ暑かったですが、3時間15分切りのPBがだせてよかったです😄
みったん(埼玉県・40代)
コロナ禍とともに始めた通勤帰宅ラン。去年の6月から、一回10キロから15キロくらいだか、何とかコツコツと続いている。いつしか、月間走行距離も毎月300キロ以上を重ねられるようになっていった。今年の春になって、ウルトラ級のレースに出るようになり、タイムも手応えを感じられるようになった。そんな中、毎年気合いだけは十分なランシーズンの10月!幸先良いスタートを切りたいと、タイムアタックの部にエントリー。オンラインのフルマラソンは何度も走っているけれど、やっぱりメンタルが鍛えられるw
キツくなった時は、今どこかで頑張っている人がいるはず、元気に走れるだけでも有り難いこと、と自分に言い聞かせた。頑張りも至らなさも自分が1番よく分かっているから。時計が42.195キロを超えたとき、小さく拳を握りしめた。いつか、仲間たちと賑やかに走りたい!そんな日を待ち望んで、今日もシューズの紐を結ぶ自分がいる。ありがとう、HITOR I TATTA WORLD MARATHON!!
ウィン雷(京都府・30代)
昨年に続いて今年も参加。
今回は10/2にロゲイニングがあり,それに合わせて走ってみることに・・・。
ところが予想外の暑さで5時間粘って走ったものの約40kmと足りずに撃沈・・・。
どうにかして走り切らないといけないと思い1週間後の10/9,大津駅から安土城まで一気に走り抜けてきました(笑)
この日も暑かったけど,琵琶湖大橋を往復したりして距離を稼ぎ,フルに到達した時,
終わろうかなぁと考えていたら最寄り駅が遠い・・・。
何とか踏ん張って安土城まで走ってみたら,最終的には57㌔(笑)
タイム度外視で走ってみたけど楽しかったのでヨシ。
カズヤん(岩手県・40代)
前にも後ろにも人が居ない。追いかけることも追いかけられることもない。
改めて、大会のありがたさを知りました。
来年からは元通りになるかな!
かわにし(岡山県・40代)
オンラインマラソンは、その特性上、人それぞれコースも状況も違うので、あくまでも自分自身との競技!なんて思いつつ参加しました。
トレーニング中に軽く故障をしてしまい、今回はリタイアかな?なんて思っていた中、完走者の記録がネット上にランキング形式で掲載されていくのを見て、オンラインだけど1人でやっているのでは無いんだな!とモチベーションが上がりました。
走るコースと環境は違えど、そこには確実にライバルやランニング仲間が存在していることを実感し、期限内ギリギリに完走することができました。
タイムや結果は大満足ってわけには行きませんが、大会の名前である「ヒトリ」ってことに、ヒトリで走る辛さと、メリット。そしてオンラインならではの気付きがあった有意義な大会に参加できたと思います。
運営の皆様ありがとうございました。
ひろ123(新潟県・40代)
走り始めて5年目にして初のフルマラソンです。朝3時に起きて暗闇の中4時スタート。平坦な一周7キロのいつものランニングコースを6周と設定。残り5キロは脚が鉛のように重く気持ちでゴールしました。
全集中の呼吸で4時間切れました!
毎日疲労抜き(東京都・60代)
10月10日 1dayフルマラソン参加しました。曇天の朝、スタート練馬・フィニッシュは東京タワー。石神井公園を周回した後都心へ。途中から小雨、特に皇居に近づいた頃に雨が一時的に本降りに、皇居を周回する頃にはその天気も回復、日比谷公園横を東京タワーまで気持ちよく走りました。
つっちー(北海道・40代)
走ったルートが42195になるように,1DAYフルマラソンを。
AM3:00から走り始める。暗い街並みから,徐々に明るくなり,朝日が輝く。
42195の軌跡が完成し,FINISH。
バイパー(静岡県・30代)
普段走るフルマラソンはフラットのコースが多いですが、自分でコースが決めれる事で、なかなかチャレンジできない標高500メートルの山道フルマラソンに挑戦しました!
上りよりも下りが辛く山をおりてからの足が残っていませんでした!泣
しかし無事に完走もでき、景色も綺麗なとこを走れて気分的にもリフレッシュできました!
jimmy(大阪府・50代)
朝6時半に自宅を出発して、大阪城でラン友と合流しました。30k走するランナーに刺激をもらい御堂筋を南下して通天閣にゴールしました。スタッフの方がゴールテープを準備してくださり記念になりました。
こむそー(北海道・40代)
自宅から豊平川河川敷を走ってミュンヘン大橋で折り返し。河川敷が終る辺りで42kmと計算し、そこから自宅まで、ゆっくりラン&ウォークと考えていましたが、途中、北24条桜大橋建設現場で回り道をしたこともあり、折り返し地点で30kmを遥かに超えていました。やっちまったと思った時にはもう遅く、登りから下りへ切り替わった直後に足にきていまい、37km以降はほぼ歩きとなりました。
結果は人生初のフル4:30超。普段レースで走る際のコース設定や沿道でのサポートがどれだけありがたいものかをカラダで理解することになりました。
次のレースからはこれまで以上にスタッフさんや沿道で応援してくれる皆さんに感謝の気持ちを持って走ろうと思います。
まあ、参考記録としては22年連続フルマラソン完走したぞ~!
とはいえると思いますんで、まずはイベントを開催していただいたスタッフさんに感謝です♪
たろしん(岩手県・50代)
リアルフルマラソン大会が中止になって、この大会に参加しました。
目標のサブ5できました!
初フルマラソンでしたが、時間制限がないおかげで気楽に走れたのがよかったと思います。
ご褒美にフィニッシュ後寿司屋さんで生ビール🍺と寿司をいただきました。
けんぢ(大阪府・40代)
当日は季節外れの暑さで何度も休憩を入れながらになりましたが、久々にフルマラソンの距離を走ってゴールテープを切れました。ゴール後にスタッフの方が暖かく迎えてくれ、ありがたく思いました。
今回のマラソンはスタート地点は皆んな違えど一つのゴールを目指すというのが、コロナの収束というゴールを目指している現状と重なるところがあって非常に良かったです。
ありがとうございました。

誰でもフルマラソン

ゴー(福岡県・60代)
三回出走で、完走しました🏃いつも走っている所で来月は、リアルで下関海峡マラソン走ります
優奈(宮崎県・30代)
ジョギングを始めたばかりの頃は、1km走るのもしんどく、42.195kmなんてとても無理だろうなと思っていました。
そんな私が、このイベントに参加しようと思ったのは、ただ目標もなく毎日ジョギングをするだけでは、そのうち挫折をするだろうと思ったからです。

そして、当初の私の狙い通り、このイベントは毎日ジョギングをすることを習慣づけてくれました。
朝早く起き、毎日黙々と走りました。
でもそのうち、黙々と走るだけではなく、昨日より長く走るにはどうしたらいいか、早く走るためにはどういったトレーニングをするべきか、考えながら日々過ごすようになりました。
つまり、ランニングの魅力にすっかり取り憑かれてしまいました笑
42.195kmは長い道のりでしたが、走り切れたことは大きな自信となり、そしてそのおかげで他のイベントにも出てみよう、と思うようにもなりました。
次のオンラインマラソンイベントに向けて、トレーニングを積み重ねていきたいと思います!
素敵なイベントを企画してくださり、ありがとうございました。

おくに(群馬県・70代)
 10月2日~4日の3日間で勝負しました。1日目は脚が重く続けられるか心配でしたが、何とか3日間で予定したペースで走ることができました。オンラインって結構面白い。一人で走るのは苦にならないし、いろいろなことを想像したり考えたりしながら走ることができます。一人では寂しいという人もいると思いますが、私は平気です。多くの人と走っているつもりになれば、孤独は感じません。急な坂も「心臓破りの丘」の克服を想い、気合が入ります。そして、何事もなかったかのように完走!無事終えることができました。
うわうわ(神奈川県・50代)
10月2日、一気に走ろうとして、張り切っていたら、関節炎になりましたが、なんとか10月10日にハーフ走って、合計で42.195キロになり、頑張れました。写真は、10月2日の朝の清々しい青い空と公園の緑のコントラストが綺麗です‼️
optiangel(福岡県・40代)
最終日に達成。累計7日間での分割とはいえ、思いのほか達成感があり嬉しかったです。いつもの休日朝ランだけでは足りず、平日夜にも走りました。実用的な意味合いとして、フルマラソン走った場合のペースを意識できるのが良かったです。本番の大会で完走できるよう、これからもランニングを継続していきたいです。
Alex(茨城県・60代)
10月9日(金)よりナインアワーズ浜松町に宿泊する。翌日の「おすすめコース」フルマラソン完走に向け、迷わぬように事前に一部を試走する。初めてのスタート地点竹芝周辺の景色を含め、予想外の東京の美しさに感激する。また、「おすすめコース」のアプリが使いやすくて嬉しい驚き。10日(土)早朝5:00AMに出発。景色が綺麗だが、坂が多い。信号が多い。ちょっとアプリから目を離すと、コースを外れ道に迷う。早朝にもかかわらず、予想外に、ランナーに出会う。昨日の試走でガーミンのバッテリーを消費しており、35km付近からバッテリーが残り15%を切った。焦る焦る。なんとかバッテリーが残っている間に完走しなくては。疲れる身体にむち打って走る、走る。もう「おすすめコース」を外れても気にしていられない。迷いまくったこともあり、銀座周辺で、42.2kmに到達!バッテリーが切れる前に慌てて記録を保存。なんとか完走するもゴールの東京タワーまでは歩いてしまう。東京タワーはなんと抽選で、バッグを獲得。喜びで、タワーの階段を上りきる。宿泊したナインアワーズ浜松町に荷物を取りに戻り、大会参加のご褒美に無料でシャワーを利用でき、ご機嫌でつくばの自宅に戻りました。
ヒロ(福岡県・60代)
10月なのに毎日夏日が続いて暑い毎日でしたが、しっかり良い汗をかくことができました。気持ち良く走れました!!!!
さっちゃん(兵庫県・60代)
実施できるか?不安でしたが、何とか達成できました。記録に残ることでモチベーションが上がります。少しづつですが、マイペースで実施することでアドレナリンを彷彿させていければ〜と感じます。
タークン(大阪府堺・70代)
毎早朝、暗いうちから知人と走っている距離が10キロ強、回数を考えなければフルマラソン完走は4日目、実際に一日目から4日間で走った距離は50キロ弱、やったねという感じ!。
Jin Jin(静岡県・50代)
日頃の不摂生から人間ドックで再検査を通告され、一念発起。ランニングを始めて1年が経過。TATTAとのお付き合いも1年に。数値はみるみるうちに正常になり、アスリート?と自分が勘違いするほどの体型に生まれ変わった。毎日、全国のどこかのWeb大会にTATTAから出場していることを目標に、そして続けられる趣味として楽しんでいる。今回はHITORI TATTA。自己の設定した目標にチャレンジし、爽快にゴール。皆さんお疲れ様でした。
chao698(MACAU・30代)
keep run go~
shonanpapa(神奈川県・50代)
2016年12月、2度目のサブ4を達成して以降、腸脛靭帯炎、不整脈(カテーテルアブレーション手術2回)、アキレス腱炎と怪我や病気の連続、さらに、昨年のコロナ禍もあって、昨年、今年1ヶ月の走行距離は100キロに満たないほど激減していました。
今回の「誰でもフルマラソン」HPを見て一念発起。もう一度フルマラソンに参加できるよう、カラダを作るきっかけに出来ればと思って、参加を決めました。
まだまだ年齢に負けないよう、チャレンジしていきます。
Vivian Chan(Overseas・40代)
It’s wonderful ! I can complete my first full marathon , yeah ! It’s a great memory !!!!
あおたく。(長野県・50代)
初秋を迎えた朝、めっきり肌寒くなってきたので、いつものTシャツにトップスを羽織ってランニングをスタート。
冷えた空気の中、だんだん温まり汗ばんでくる快感を楽しみながら、千曲川の朝日から木々が少し色づいてきた上田城跡公園へと続く約15キロのさわやかな景色を満喫。ゴールの芝生広場では思わず青空に向かってジャンプ!! 今回のHITORI TATTA WORLD MARATOHNは3回に分けて、移りゆく風景を楽しみながらフルマラソンを完走しました!とても楽しかったです。また、開催してください。
かいてふ(広島県・30代)
細切れとは言え初めてのフルマラソン。最初は出来る自信がありませんでしたが、週末に一気に走り貯め。今年の正月頃から走り始め、当初は一度では2,3Km程度しか走れなかったところ、なんと今回一気に15Kmまで距離を伸ばすことが出来ました。期間と距離が決まっていますので、明確な目的があり、それが原動力となっていたように思います。良い汗をかくことが出来ました。少しずつ距離とスピードを伸ばしていくぞー!
(岩手県・20代)
人生ではじめて10日でフルマラソンの距離を走りました。ランニングを始めて一年たつので、何か目標を達成したいと参加しました。
毎日少しずつ走る距離が伸びたり、タイムが良くなったり、自分の成長を感じられたオンラインマラソンでした。なによりも完走目指して頑張りきれたことで自信がつきました。
走るのは得意ではありませんが、もしまた機会があれば参加したいと思います。
hi-z(静岡・40代)
分けて走れるので、時間ある時多く走ったり自由にできます。運動不足からのwarming upにも最適です。
やっちゃん(東京都・50代)
リアルゴールで東京タワーでゴールしました。ゴール後の抽選会でランナーズの商品も頂けました。展望台まで、階段600段を登って東京の景色も眺めることが出来き、その後ナインアワーズ浜松町のシャワーで汗を流して気持ち良く帰れました。一人でしたが、楽しく走れて久しぶりに大会に参加した気分が味わえました。ありがとうございます。
ひかるちゃん(東京都・40代)
Twitterでも走るたびにせっせと記録を残しながら、モチベーション維持を務めました。天候にも影響されるので、土日でのフィニッシュはドキドキしましたが、両日とも天候に恵まれ、特に日曜日の午後はよく晴れてくれました。「誰でももらえるけど、やり遂げないともらえない完走メダル」をもらったとき、とても感慨深かったです。わたしは教育者なのですが、この仕組みを教育にも生かしたいといろんなインスピレーションいただきました。また、参加したいです!ありがとうございました!
わきさん(東京都・60代)
きつかった
10日間のうち、いきなり台風や法事で3日が失われた。残り7日間で平均6.03Km/day。どこかでまた大雨や故障があったらもっときつくなる。日頃、4kmくらいの距離しか走らない人間には目の前真っ暗。諦めようかと思った。
それでも気をとりなおして、4Km→5Km→6Km→7Km→8Kmと毎日1Kmづつ距離を伸ばしていった。地震で危うく帰宅難民になりそうになったが、奇跡的に帰宅でき翌朝走れた。そしてようやくラスト10/10に42.195Km達成。自分でも信じられない運だった。
もちろん1日で42.195Kmを走り切るのは自分にはとてもできないが、10日リミットの中でベストなペース配分を行い、かつ突発的な障害に対応するのはまさに経営へ通じる頭脳戦だったと思う。そういう意味で、自分が鍛えられたことには感謝。
Ballzaku(東京都・50代)
今年は日本で走れませんが、香港でマラソンができます。楽しいし、気持ちいいし、それに友達との夢が現実になりましたよ。
facebook
insta
twitter
  • TATTA(タッタ)
  •  arbeee(アルビー)
  • 「ドットフィニッシャー」ダウンロードはこちら
  • 月刊ランナーズ
  • RUNNET
PAGETOP